令和2年・2020年(10月試験) 問6-2 錯誤

【問題】
Aは、自己所有の時価100万円の壺を10万円程度であると思い込み、Bに対し「手元にお金がないので、10万円で売却したい」と言ったところ、BはAの言葉を信じ「それなら10万円で購入する」と言って、AB間に売買契約が成立した場合、AがBに対し、錯誤による取消しができる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
Aは、自己所有の時価100万円の壺を10万円程度であると思い込み、Bに対し「手元にお金がないので、10万円で売却したい」と言ったところ、BはAの言葉を信じ「それなら10万円で購入する」と言って、AB間に売買契約が成立した場合、AがBに対し、錯誤による取消しができる。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

表意者Aは、勘違いをして「売却したい」意思表示をしていますが、「思い込み」で勘違いをしているので「表意者Aは重過失」あります。

表意者Aが錯誤取消しするためには、原則して、「重過失がない」ことが要件です。

よって、原則を考えると、表意者Aは重過失があるので、錯誤取消しできません

この問題文は問題文の理解が難しいので個別指導で解説します。

 


【問題】 Aは、自己所有の時価100万円の壺を10万円程度であると思い込み、Bに対し「手元にお金がないので、10万円で売却したい」と言ったところ、BはAの言葉を信じ「それなら10万円で購入する」と言って、AB間に売買契約が成立した場合、AがBに対し、錯誤による取消しができる。
  >解答と解説はこちら
【問題】 Aは、自己所有の時価100万円の壺を10万円程度であると思い込み、Bに対し「手元にお金がないので、10万円で売却したい」と言ったところ、BはAの言葉を信じ「それなら10万円で購入する」と言って、AB間に売買契約が成立した場合、AがBに対し、錯誤による取消しができる。
  【解答】 × 誤り 【解説】 表意者Aは、勘違いをして「売却したい」意思表示をしていますが、「思い込み」で勘違いをしているので「表意者Aは重過失」あります。 表意者Aが錯誤取消しするためには、原則して、「重過失がない」ことが要件です。 よって、原則を考えると、表意者Aは重過失があるので、錯誤取消しできません! この問題文は問題文の理解が難しいので個別指導で解説します。
  [SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ