令和2年・2020年(10月試験) 問46-4 住宅金融支援機構

【問題】
機構は、貸付けを受けた者とあらかじめ契約を締結して、その者が死亡した場合に支払われる生命保険の保険金を当該貸付けに係る債務の弁済に充当する団体信用生命保険を業務として行っている。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
機構は、貸付けを受けた者とあらかじめ契約を締結して、その者が死亡した場合に支払われる生命保険の保険金を当該貸付けに係る債務の弁済に充当する団体信用生命保険を業務として行っている。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

機構は、生命保険会社と団体信用保険契約を締結し、ローン利用者(被保険者)が死亡した場合に支払われる死亡保険金を当該貸付に係る債務の弁済に充てる業務を行っています。

これを「団体信用生命保険を業務」と言います。 よって、正しいです。

 


【問題】 機構は、貸付けを受けた者とあらかじめ契約を締結して、その者が死亡した場合に支払われる生命保険の保険金を当該貸付けに係る債務の弁済に充当する団体信用生命保険を業務として行っている。
  >解答と解説はこちら
【問題】 機構は、貸付けを受けた者とあらかじめ契約を締結して、その者が死亡した場合に支払われる生命保険の保険金を当該貸付けに係る債務の弁済に充当する団体信用生命保険を業務として行っている。
  【解答】 〇 正しい 【解説】 機構は、生命保険会社と団体信用保険契約を締結し、ローン利用者(被保険者)が死亡した場合に支払われる死亡保険金を当該貸付に係る債務の弁済に充てる業務を行っています。 これを「団体信用生命保険を業務」と言います。 よって、正しいです。
  [SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ