令和2年・2020年(10月試験) 問41-2 重要事項説明書

【問題】
重要事項説明書に記名押印する宅地建物取引士は専任の宅地建物取引士でなければならないが、実際に重要事項の説明を行う者は専任の宅地建物取引士でなくてもよい。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
重要事項説明書に記名押印する宅地建物取引士は専任の宅地建物取引士でなければならないが、実際に重要事項の説明を行う者は専任の宅地建物取引士でなくてもよい。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

重要事項説明書(35条書面)には、宅建士の記名押印が必要で、この宅建士は、専任の宅建士でなくてもよいです。

よって、誤りです。

ちなみに「実際に重要事項の説明を行う者は専任の宅地建物取引士でなくてもよい」という記述は正しいです。

 


【問題】 重要事項説明書に記名押印する宅地建物取引士は専任の宅地建物取引士でなければならないが、実際に重要事項の説明を行う者は専任の宅地建物取引士でなくてもよい。
  >解答と解説はこちら
【問題】 重要事項説明書に記名押印する宅地建物取引士は専任の宅地建物取引士でなければならないが、実際に重要事項の説明を行う者は専任の宅地建物取引士でなくてもよい。
  【解答】 × 誤り 【解説】 重要事項説明書(35条書面)には、宅建士の記名押印が必要で、この宅建士は、専任の宅建士でなくてもよいです。 よって、誤りです。 ちなみに「実際に重要事項の説明を行う者は専任の宅地建物取引士でなくてもよい」という記述は正しいです。
  [SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ