令和2年・2020年(10月試験) 問40-ウ クーリングオフ

【問題】
宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者ではないBとの間で宅地の売買契約を締結した。宅建業者でない買主Bが喫茶店で当該宅地の買受けの申込みをした場合において、売主業者AとBとの間でクーリング・オフによる契約の解除をしない旨の合意をしたとき、Bがクーリング・オフにより契約の解除を行うことができる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者ではないBとの間で宅地の売買契約を締結した。宅建業者でない買主Bが喫茶店で当該宅地の買受けの申込みをした場合において、売主業者AとBとの間でクーリング・オフによる契約の解除をしない旨の合意をしたとき、Bがクーリング・オフにより契約の解除を行うことができる。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

「売主業者Aと買主Bとの間でクーリング・オフによる契約の解除をしない旨」の合意があったとしても、無効となります。

よって、本肢の場合、買主Bが喫茶店で当該宅地の買受けの申込みをしただけなので、クーリングオフによる解除はできます。

 


【問題】 宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者ではないBとの間で宅地の売買契約を締結した。宅建業者でない買主Bが喫茶店で当該宅地の買受けの申込みをした場合において、売主業者AとBとの間でクーリング・オフによる契約の解除をしない旨の合意をしたとき、Bがクーリング・オフにより契約の解除を行うことができる。
  >解答と解説はこちら
【問題】 宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者ではないBとの間で宅地の売買契約を締結した。宅建業者でない買主Bが喫茶店で当該宅地の買受けの申込みをした場合において、売主業者AとBとの間でクーリング・オフによる契約の解除をしない旨の合意をしたとき、Bがクーリング・オフにより契約の解除を行うことができる。
  【解答】 〇 正しい 【解説】 「売主業者Aと買主Bとの間でクーリング・オフによる契約の解除をしない旨」の合意があったとしても、無効となります。 よって、本肢の場合、買主Bが喫茶店で当該宅地の買受けの申込みをしただけなので、クーリングオフによる解除はできます。
  [SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ