令和2年・2020年(10月試験) 問4-2 賃貸借

【問題】
賃借人は、賃借物を受け取った後にこれに生じた損傷がある場合、賃借人の帰責事由の有無にかかわらず、その損傷を原状に復する義務を負う。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
賃借人は、賃借物を受け取った後にこれに生じた損傷がある場合、賃借人の帰責事由の有無にかかわらず、その損傷を原状に復する義務を負う。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

賃借物を受け取った以降に生じた損傷のうち、賃借人の帰責事由がない(過失がない・責任がない)損傷については、原状回復不要です。

例えば、地震によって、壁にひびが入ってしまった場合、賃借人に責任はないので、賃借人は、修繕義務(原状回復義務)を負いません。

よって、本肢は誤りです。

 


【問題】 賃借人は、賃借物を受け取った後にこれに生じた損傷がある場合、賃借人の帰責事由の有無にかかわらず、その損傷を原状に復する義務を負う。
  >解答と解説はこちら
【問題】 賃借人は、賃借物を受け取った後にこれに生じた損傷がある場合、賃借人の帰責事由の有無にかかわらず、その損傷を原状に復する義務を負う。
  【解答】 × 誤り 【解説】 賃借物を受け取った以降に生じた損傷のうち、賃借人の帰責事由がない(過失がない・責任がない)損傷については、原状回復不要です。 例えば、地震によって、壁にひびが入ってしまった場合、賃借人に責任はないので、賃借人は、修繕義務(原状回復義務)を負いません。 よって、本肢は誤りです。
  [SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ