令和2年・2020年(10月試験) 問37-ア 37条書面

【問題】
宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地の売買契約を締結した。
Aは、専任の宅地建物取引士をして、37条書面の内容を当該契約の買主に説明させなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地の売買契約を締結した。
Aは、専任の宅地建物取引士をして、37条書面の内容を当該契約の買主に説明させなければならない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

37条書面については、説明をする必要がありません

そのため、本肢の「37条書面の内容を当該契約の買主に説明させなければならない」は誤りです。


【問題】 宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地の売買契約を締結した。 Aは、専任の宅地建物取引士をして、37条書面の内容を当該契約の買主に説明させなければならない。
  >解答と解説はこちら
【問題】 宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地の売買契約を締結した。 Aは、専任の宅地建物取引士をして、37条書面の内容を当該契約の買主に説明させなければならない。
  【解答】 × 誤り 【解説】 37条書面については、説明をする必要がありません。 そのため、本肢の「37条書面の内容を当該契約の買主に説明させなければならない」は誤りです。
[SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ