令和2年・2020年(10月試験) 問29-ウ 媒介契約

【問題】
宅地建物取引業者Aが、BからB所有の住宅の売却の媒介を依頼された場合について、
Aは、Bとの間で専任媒介契約を締結するときは、Bの要望に基づく場合を除き、当該契約の有効期間について、有効期間満了時に自動的に更新する旨の特約をすることはできない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者Aが、BからB所有の住宅の売却の媒介を依頼された場合について、
Aは、Bとの間で専任媒介契約を締結するときは、Bの要望に基づく場合を除き、当該契約の有効期間について、有効期間満了時に自動的に更新する旨の特約をすることはできない。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

専任媒介契約の場合、有効期間は3か月以内で定め、有効期間満了時に自動的に更新する旨の特約はできません

Bの要望があったとしても自動更新の特約はできないので、誤りです。

この点は問題文の理解が必要です。

そのため、個別指導で、問題文の理解の仕方を解説します!

また、理解すべき点も併せて解説します!


【問題】 宅地建物取引業者Aが、BからB所有の住宅の売却の媒介を依頼された場合について、 Aは、Bとの間で専任媒介契約を締結するときは、Bの要望に基づく場合を除き、当該契約の有効期間について、有効期間満了時に自動的に更新する旨の特約をすることはできない。
  >解答と解説はこちら
【問題】 宅地建物取引業者Aが、BからB所有の住宅の売却の媒介を依頼された場合について、 Aは、Bとの間で専任媒介契約を締結するときは、Bの要望に基づく場合を除き、当該契約の有効期間について、有効期間満了時に自動的に更新する旨の特約をすることはできない。
  【解答】 〇 正しい 【解説】 専任媒介契約の場合、有効期間は3か月以内で定め、有効期間満了時に自動的に更新する旨の特約はできません。 Bの要望があったとしても自動更新の特約はできないので、誤りです。 この点は問題文の理解が必要です。 そのため、個別指導で、問題文の理解の仕方を解説します! また、理解すべき点も併せて解説します!
[SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ