令和2年・2020年(10月試験) 問28-1 宅建士

【問題】
宅地建物取引士資格試験に合格した者は、合格した日から10年以内に登録の申請をしなければ、その合格は無効となる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引士資格試験に合格した者は、合格した日から10年以内に登録の申請をしなければ、その合格は無効となる。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

宅建試験に合格した場合、不正手段で試験に合格して合格取消し等の理由がなければ、一生、宅建合格は有効です。

本肢のように「合格した日から10年以内に登録の申請をしなければ、その合格は無効となる」というルールはありません。

関連ポイントについては個別指導で解説します!


【問題】 宅地建物取引士資格試験に合格した者は、合格した日から10年以内に登録の申請をしなければ、その合格は無効となる。
  >解答と解説はこちら
【問題】 宅地建物取引士資格試験に合格した者は、合格した日から10年以内に登録の申請をしなければ、その合格は無効となる。
  【解答】 × 誤り 【解説】 宅建試験に合格した場合、不正手段で試験に合格して合格取消し等の理由がなければ、一生、宅建合格は有効です。 本肢のように「合格した日から10年以内に登録の申請をしなければ、その合格は無効となる」というルールはありません。 関連ポイントについては個別指導で解説します!
[SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ