令和2年・2020年(10月試験) 問27-ウ 業務上の規制

【問題】
複数の区画がある宅地の売買について、数回に分けて広告をする場合は、広告の都度取引態様の別を明示しなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
複数の区画がある宅地の売買について、数回に分けて広告をする場合は、広告の都度取引態様の別を明示しなければならない。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

取引態様の明示は、宅建業者が「①広告をする時」と「②注文を受けた時」に行う必要があります。

数回に分けて広告をする場合は、①の通り、広告の都度、取引態様の別を明示しなければなりません

よって正しいです。

 


【問題】 複数の区画がある宅地の売買について、数回に分けて広告をする場合は、広告の都度取引態様の別を明示しなければならない。
  >解答と解説はこちら
【問題】 複数の区画がある宅地の売買について、数回に分けて広告をする場合は、広告の都度取引態様の別を明示しなければならない。
  【解答】 〇 正しい 【解説】 取引態様の明示は、宅建業者が「①広告をする時」と「②注文を受けた時」に行う必要があります。 数回に分けて広告をする場合は、①の通り、広告の都度、取引態様の別を明示しなければなりません。 よって正しいです。
  [SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ