令和2年・2020年(10月試験) 問26-4 宅建業の免許

【問題】
宅地建物取引業者E(乙県知事免許)は、乙県内に2以上の事務所を設置してその事業を営もうとする場合には、国土交通大臣に免許換えの申請をしなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者E(乙県知事免許)は、乙県内に2以上の事務所を設置してその事業を営もうとする場合には、国土交通大臣に免許換えの申請をしなければならない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

国土交通大臣の免許が必要な場合(知事免許から大臣免許への免許換えが必要な場合)とは、2以上の都道府県に事務所を設置する場合です。

本肢の場合、「乙県内にしか」事務所はありません。

よって、国土交通大臣への免許換えはできません。

したがって、誤りです。 引き続き、乙県知事免許です。

 


【問題】 宅地建物取引業者E(乙県知事免許)は、乙県内に2以上の事務所を設置してその事業を営もうとする場合には、国土交通大臣に免許換えの申請をしなければならない。
  >解答と解説はこちら
【問題】 宅地建物取引業者E(乙県知事免許)は、乙県内に2以上の事務所を設置してその事業を営もうとする場合には、国土交通大臣に免許換えの申請をしなければならない。
  【解答】 × 誤り 【解説】 国土交通大臣の免許が必要な場合(知事免許から大臣免許への免許換えが必要な場合)とは、2以上の都道府県に事務所を設置する場合です。 本肢の場合、「乙県内にしか」事務所はありません。 よって、国土交通大臣への免許換えはできません。 したがって、誤りです。 引き続き、乙県知事免許です。
  [SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ