令和2年・2020年(10月試験) 問23-3 印紙税

【問題】
国を売主、株式会社Cを買主とする土地の売買契約において、共同で売買契約書を2通作成し、国とC社がそれぞれ1通ずつ保存することとした場合、C社が保存する契約書には印紙税は課されない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
国を売主、株式会社Cを買主とする土地の売買契約において、共同で売買契約書を2通作成し、国とC社がそれぞれ1通ずつ保存することとした場合、C社が保存する契約書には印紙税は課されない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

国と私人(個人や法人)との契約の場合、
国が保存する契約書は、私人(C)が作成したものなので、印紙税が課されます

一方、私人(C)が保存する契約書は、国が作成したものなので、印紙税は課されません。

よって、本肢は正しいです。

細かい考え方は個別指導で解説します!

 


【問題】 国を売主、株式会社Cを買主とする土地の売買契約において、共同で売買契約書を2通作成し、国とC社がそれぞれ1通ずつ保存することとした場合、C社が保存する契約書には印紙税は課されない。
  >解答と解説はこちら
【問題】 国を売主、株式会社Cを買主とする土地の売買契約において、共同で売買契約書を2通作成し、国とC社がそれぞれ1通ずつ保存することとした場合、C社が保存する契約書には印紙税は課されない。
  【解答】 × 誤り 【解説】 国と私人(個人や法人)との契約の場合、 国が保存する契約書は、私人(C)が作成したものなので、印紙税が課されます。 一方、私人(C)が保存する契約書は、国が作成したものなので、印紙税は課されません。 よって、本肢は正しいです。 細かい考え方は個別指導で解説します!
  [SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ