令和2年・2020年(10月試験) 問23-2 印紙税

【問題】
「Aの所有する土地(価額5,000万円)とBの所有する土地(価額4,000万円)とを交換する」旨の土地交換契約書を作成した場合、印紙税の課税標準となる当該契約書の記載金額は4,000万円である。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
「Aの所有する土地(価額5,000万円)とBの所有する土地(価額4,000万円)とを交換する」旨の土地交換契約書を作成した場合、印紙税の課税標準となる当該契約書の記載金額は4,000万円である。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

交換契約の場合、双方の金額が記載されている場合、「高い方」が記載金額となります。

つまり、高い方である5000万円が記載金額となります。

もし、交換差金(差額)のみが記載されている場合は、「交換差金(差額)」が記載金額となります。

例えば、「Aの所有する土地とBの所有する土地とを交換し、BはAに対して差額1000万円を支払う」旨の契約の場合、1000万円が記載金額となります。

 


【問題】 「Aの所有する土地(価額5,000万円)とBの所有する土地(価額4,000万円)とを交換する」旨の土地交換契約書を作成した場合、印紙税の課税標準となる当該契約書の記載金額は4,000万円である。
  >解答と解説はこちら
【問題】 「Aの所有する土地(価額5,000万円)とBの所有する土地(価額4,000万円)とを交換する」旨の土地交換契約書を作成した場合、印紙税の課税標準となる当該契約書の記載金額は4,000万円である。
  【解答】 × 誤り 【解説】 交換契約の場合、双方の金額が記載されている場合、「高い方」が記載金額となります。 つまり、高い方である5000万円が記載金額となります。 もし、交換差金(差額)のみが記載されている場合は、「交換差金(差額)」が記載金額となります。 例えば、「Aの所有する土地とBの所有する土地とを交換し、BはAに対して差額1000万円を支払う」旨の契約の場合、1000万円が記載金額となります。
  [SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ