令和2年・2020年(10月試験) 問22-4 国土利用計画法

【問題】
Iが所有する都市計画区域外の10,000㎡の土地とJが所有する市街化調整区域内の10,000㎡の土地を交換した場合、I及びJは事後届出を行う必要はない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
Iが所有する都市計画区域外の10,000㎡の土地とJが所有する市街化調整区域内の10,000㎡の土地を交換した場合、I及びJは事後届出を行う必要はない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

<市街化調整区域内10000㎡:I→J:都市計画区域外10000㎡ / 交換>

「交換」も「売買」同様、届出対象の取引です。

そして、 都市計画区域外の土地は10000㎡以上の場合に事後届出が必要です。

市街化調整区域内の土地は5000㎡以上の場合に事後届出が必要です。

つまり、IもJもいずれも事後届け出が必要なので、誤りです。

この点については理解が必要なので、理解ポイントは個別指導で解説します!


【問題】 Iが所有する都市計画区域外の10,000㎡の土地とJが所有する市街化調整区域内の10,000㎡の土地を交換した場合、I及びJは事後届出を行う必要はない。
  >解答と解説はこちら
【問題】 Iが所有する都市計画区域外の10,000㎡の土地とJが所有する市街化調整区域内の10,000㎡の土地を交換した場合、I及びJは事後届出を行う必要はない。
  【解答】 × 誤り 【解説】 <市街化調整区域内10000㎡:I→J:都市計画区域外10000㎡ / 交換> 「交換」も「売買」同様、届出対象の取引です。 そして、 都市計画区域外の土地は10000㎡以上の場合に事後届出が必要です。 市街化調整区域内の土地は5000㎡以上の場合に事後届出が必要です。 つまり、IもJもいずれも事後届け出が必要なので、誤りです。 この点については理解が必要なので、理解ポイントは個別指導で解説します!
[SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ