令和2年・2020年(10月試験) 問20-4 土地区画整理法

【問題】
土地区画整理組合の施行する土地区画整理事業に参加することを希望する者のうち、当該土地区画整理事業に参加するのに必要な資力及び信用を有する者であって定款で定められたものは、参加組合員として組合員となる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
土地区画整理組合の施行する土地区画整理事業に参加することを希望する者のうち、当該土地区画整理事業に参加するのに必要な資力及び信用を有する者であって定款で定められたものは、参加組合員として組合員となる。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

参加組合員とは、土地の所有者等以外の者で、地方公共団体、独立行政法人都市再生機構、地方住宅供給公社等に限られています。

資力や信用があって定款に定めたとしても、参加組合員にはなれません。

よって、誤りです。

 


【問題】 土地区画整理組合の施行する土地区画整理事業に参加することを希望する者のうち、当該土地区画整理事業に参加するのに必要な資力及び信用を有する者であって定款で定められたものは、参加組合員として組合員となる。
  >解答と解説はこちら
【問題】 土地区画整理組合の施行する土地区画整理事業に参加することを希望する者のうち、当該土地区画整理事業に参加するのに必要な資力及び信用を有する者であって定款で定められたものは、参加組合員として組合員となる。
  【解答】 × 誤り 【解説】 参加組合員とは、土地の所有者等以外の者で、地方公共団体、独立行政法人都市再生機構、地方住宅供給公社等に限られています。 資力や信用があって定款に定めたとしても、参加組合員にはなれません。 よって、誤りです。
  [SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ