令和2年・2020年(10月試験) 問19-1 宅地造成等規制法

【問題】
土地の占有者又は所有者は、都道府県知事又はその命じた者若しくは委任した者が、宅地造成工事規制区域の指定のために当該土地に立ち入って測量又は調査を行う場合、正当な理由がない限り、立入りを拒み、又は妨げてはならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
土地の占有者又は所有者は、都道府県知事又はその命じた者若しくは委任した者が、宅地造成工事規制区域の指定のために当該土地に立ち入って測量又は調査を行う場合、正当な理由がない限り、立入りを拒み、又は妨げてはならない。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

宅地造成工事規制区域の指定のため他人の占有する土地に立ち入って測量又は調査を行う必要がある場合、「都道府県知事又はその命じた者若しくは委任した者」は、他人の占有する土地に立ち入ることができます。

この場合、「土地の占有者又は所有者」は、正当な理由がない限り、立入りを拒んだり、立入りを妨げたりすることはできません

よって正しいです。


【問題】 土地の占有者又は所有者は、都道府県知事又はその命じた者若しくは委任した者が、宅地造成工事規制区域の指定のために当該土地に立ち入って測量又は調査を行う場合、正当な理由がない限り、立入りを拒み、又は妨げてはならない。
  >解答と解説はこちら
【問題】 土地の占有者又は所有者は、都道府県知事又はその命じた者若しくは委任した者が、宅地造成工事規制区域の指定のために当該土地に立ち入って測量又は調査を行う場合、正当な理由がない限り、立入りを拒み、又は妨げてはならない。
  【解答】 〇 正しい 【解説】 宅地造成工事規制区域の指定のため他人の占有する土地に立ち入って測量又は調査を行う必要がある場合、「都道府県知事又はその命じた者若しくは委任した者」は、他人の占有する土地に立ち入ることができます。 この場合、「土地の占有者又は所有者」は、正当な理由がない限り、立入りを拒んだり、立入りを妨げたりすることはできません 。 よって正しいです。
[SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ