令和2年・2020年(10月試験) 問18-4 建築基準法

【問題】
日影による中高層の建築物の高さの制限に係る日影時間の測定は、夏至日の真太陽時の午前8時から午後4時までの間について行われる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
日影による中高層の建築物の高さの制限に係る日影時間の測定は、夏至日の真太陽時の午前8時から午後4時までの間について行われる。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

日影による中高層の建築物の高さの制限に係る日影時間の測定は、
冬至日(最も日照時間が短い日)」の午前8時から午後4時までの間について行われます。

本肢は「夏至日」となっているので誤りです。

どういうことを言っているかは個別指導で解説します。

 


【問題】 日影による中高層の建築物の高さの制限に係る日影時間の測定は、夏至日の真太陽時の午前8時から午後4時までの間について行われる。
  >解答と解説はこちら
【問題】 日影による中高層の建築物の高さの制限に係る日影時間の測定は、夏至日の真太陽時の午前8時から午後4時までの間について行われる。
  【解答】 × 誤り 【解説】 日影による中高層の建築物の高さの制限に係る日影時間の測定は、 「冬至日(最も日照時間が短い日)」の午前8時から午後4時までの間について行われます。 本肢は「夏至日」となっているので誤りです。 どういうことを言っているかは個別指導で解説します。
  [SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ