令和2年・2020年(10月試験) 問18-2 建築基準法

【問題】
近隣商業地域内において、客席の部分の床面積の合計が200㎡以上の映画館は建築することができない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
近隣商業地域内において、客席の部分の床面積の合計が200㎡以上の映画館は建築することができない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

「客席部分の床面積が200㎡以上の映画館」は、「近隣商業地域」「商業地域」「準工業地域」で建築できます

よって、本問は、「近隣商業地域内において、客席部分の床面積が200㎡以上の映画館は建築できない」となっているので誤りです。

ちなみに、「客席部分の床面積が200㎡未満の映画館」は、「準住居地域」「近隣商業地域」「商業地域」「準工業地域」で建築できます。

この辺りは、覚え方があるので、個別指導で解説します!

ここは、楽に解けるようにしておくと、本試験でも有利になります!


【問題】 近隣商業地域内において、客席の部分の床面積の合計が200㎡以上の映画館は建築することができない。
  >解答と解説はこちら
【問題】 近隣商業地域内において、客席の部分の床面積の合計が200㎡以上の映画館は建築することができない。
  【解答】 × 誤り 【解説】 「客席部分の床面積が200㎡以上の映画館」は、「近隣商業地域」「商業地域」「準工業地域」で建築できます。 よって、本問は、「近隣商業地域内において、客席部分の床面積が200㎡以上の映画館は建築できない」となっているので誤りです。 ちなみに、「客席部分の床面積が200㎡未満の映画館」は、「準住居地域」「近隣商業地域」「商業地域」「準工業地域」で建築できます。 この辺りは、覚え方があるので、個別指導で解説します! ここは、楽に解けるようにしておくと、本試験でも有利になります!
[SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ