令和2年・2020年(10月試験) 問17-1 建築確認

【問題】
階数が2で延べ面積が200㎡の鉄骨造の共同住宅の大規模の修繕をしようとする場合、建築主は、当該工事に着手する前に、確認済証の交付を受けなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
階数が2で延べ面積が200㎡の鉄骨造の共同住宅の大規模の修繕をしようとする場合、建築主は、当該工事に着手する前に、確認済証の交付を受けなければならない。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

鉄骨造の建築物の場合、2階建て以上、または延べ面積が200㎡超の場合、「大規模建築物」に当たります。 本肢を見ると、「2階建て」で「延べ面積が200㎡」の鉄骨造の共同住宅なので、「大規模建築物」に当たります。
よって、大規模の修繕する場合、建築主は、建築確認が必要です。

したがって、建築主は、当該工事に着手する前に、確認済証の交付を受けなければなりません。

関連ポイントについては、個別指導で解説します!

 


【問題】 階数が2で延べ面積が200㎡の鉄骨造の共同住宅の大規模の修繕をしようとする場合、建築主は、当該工事に着手する前に、確認済証の交付を受けなければならない。
  >解答と解説はこちら
【問題】 階数が2で延べ面積が200㎡の鉄骨造の共同住宅の大規模の修繕をしようとする場合、建築主は、当該工事に着手する前に、確認済証の交付を受けなければならない。
  【解答】 〇 正しい 【解説】 鉄骨造の建築物の場合、2階建て以上、または延べ面積が200㎡超の場合、「大規模建築物」に当たります。 本肢を見ると、「2階建て」で「延べ面積が200㎡」の鉄骨造の共同住宅なので、「大規模建築物」に当たります。 よって、大規模の修繕する場合、建築主は、建築確認が必要です。 したがって、建築主は、当該工事に着手する前に、確認済証の交付を受けなければなりません。 関連ポイントについては、個別指導で解説します!
  [SPI name=■過去問一覧上の広告枠] [SPI name=kakomon2020]

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ