弁済として引き渡した物の取戻し規定の削除【民法改正】

弁済として引き渡した物の取戻し規定の削除

民法第476条を削除するものとする。第476条
譲渡につき行為能力の制限を受けた所有者が弁済として物の引渡しをした場合において、その弁済を取り消したときは、その所有者は、更に有効な弁済をしなければ、その物を取り戻すことができない。

上記第476条のルールでは、弁済を先にしなければ代物の返還を受けることができないことになります。これは、制限行為能力者を保護する観点からも問題があるので削除された。

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ