履行の不能【民法改正】

履行の不能

債務の履行が契約その他の当該債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして不能であるときは、債権者は、その債務の履行を請求することができない。

例えば、建物の売買契約をして、引き渡し前に建物が火事でなくなった場合、請求されても、建物がない以上、履行することができません。そのため、履行不能の場合は請求することができないわけです。

また、債権者の利益と債務者の債務履行に対する費用とを比べて、履行に対する費用が過大である場合も、「契約その他の当該債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして不能」となります。

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ