債権者代位権:訴えを提起した場合の訴訟告知【民法改正】

訴えを提起した場合の訴訟告知

債権者は、被代位権利の行使に係る訴えを提起したときは、遅滞なく、債務者に対し、訴訟告知をしなければならない。

訴えによる債権者代位権の行使の具体例
債権者が「債務者が有する債権を代位行使させてくれ!」と訴訟することを「債権者代位訴訟」と呼びます。そして、その訴訟の判決は、債務者Bに及ぶため、債務者Bが債権者代位訴訟に関与する機会を保障するために、債権者Aに債務者Bに訴訟告知(訴訟に参加できるますよ!と通知すること)をするように義務付けました。

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ