宅建の勉強をする時間がない方へ

勉強時間はある!と思うこと

あなたは勉強する時間がありますか?

「社会人」も「主婦」も時間がないのが普通です。
時間がないのは自分だけ!とは絶対に思わないでください!
みんな忙しいんです。

私が知っている中で一番忙しいのでは?と思った方をお話します。
その方は、シングルマザーで育児と家事、さらにはダブルワークという方でした。

子供がいない方には分からないかもしれませんが、
子どもの面倒をみるのは本当に大変です。
仕事よりもしんどいのではないかと思うくらいです。

「少しだけ勉強させて。」といっても幼稚園児、小学生の低学年の子には通用しません。

そんな状況で、子の方は毎日2時間という勉強時間を作り出しました!

重要なことは、勉強時間は「ない」のではなく、「見過ごしている」ということです。

「時間よ止まれ!」といっても止まりません。
今、あなたがこの記事を読んでいる間にも時間は過ぎているのです。

つまり、「意識して」時間を見つけないと、時間は消えていくと言う事です。

「忙しいから勉強時間がない」のではなく「勉強時間はあるけどそれに気づいていない」というのが正しいのです。

考え方を変えることが重要!

つまり、上記の通り、忙しくても、勉強する時間は必ずあります!

むしろ、「勉強する時間がない自分は何か時間の使い方が間違っているのでは?」という風に考えるべきです。

「忙しいから勉強時間はない」と考えていては、勉強時間を作ることを考えず、試行ストップで、勉強時間を作ることはできません。

だから、上記のように考え方を考えましょう!そうすれば、

  • 自分の時間の使い方のどこが間違っているんだろう?
  • 忙しくても勉強時間を作っている人はどうやって作っているんだろう?

という風に考えが前進します!

どこでも勉強できる

次に、どうやって勉強時間を作っていくかをお伝えします!

まず、やるべきことは、「いつでも宅建の教材を持ち歩く」ということです。

私も実際にやっていましたが、いつも宅建の教材を持ち歩いていれば、「電車を待っている時間」や「お客様との待ち合わせをしているとき」「スーパーで買い物をしたあと」「お子様を保育園に迎えに行く前」など、どこでも勉強ができます。

1問勉強するだけでも、1か月で30問行えます。

電車通勤の方でしたら

  • 出勤の行きの駅のホームで1問
  • 帰りも駅のホームで1問
  • 帰宅してご飯を食べる前に1問

たったこれだけで1日3問行うことができ、1か月で90問も勉強できます!

もし、上記をすべて2問できるようになったら、1か月で180問も勉強できます!

このように、小さなことですが、小さなことを習慣化していけば、1か月後、3か月後、6か月後に思った以上に勉強が進んでいることに気づきます!

実際、このやり方で、忙しかった多くの受講者様を合格に導きました!

ぜひ、参考にしてみてください!

6月からでも宅建合格できる!短期集中実力アップ講座はこちら

宅建の過去問を無料で勉強できるメルマガ