宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

宅地建物取引士として活かせる仕事

宅建通信講座メルマガ

宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)は不動産業界しか活かせないと思っている方は間違いです。その他の業界でも不動産に関わる業界は非常に多くあるため、多種多様な業界で宅建取引士の資格は活かせます。そのため、法律系の資格の資格では最も受験者数が多い資格でもあります。

 

不動産業界

「宅地建物取引業者」「建築会社・住宅メーカー」「建設業者(道路、橋、トンネルなどの工事業者)」などの不動産業界は不動産に直接関わる業種なの で十分生かせます。特に宅建業者は従業員5人に1人の割合で宅建取引士が必要と法律(宅建業法)で義務付けられているので未経験者でも就職や転職で非常に 有利です。

 

金融業界

銀行」では、お金を融資する際、お金を返してもらえないと困るため、不動産を担保にすることが多くあります。そのため、不動産の知識は必要不可欠 と言えます。「証券会社」では、不動産のローンを証券化したものを販売することもあるため、宅建で学ぶ知識は大いに役立ちます。また、「保険会社」では、 お客様の人生設計の一つとして保険を扱いますが、人生設計を考える以上、人生で一番大きな買い物である不動産の知識はあって損はない知識です。

 

商社や小売業界、流通業界等

上記企業の多くは不動産を所有して有効活用をしてます。企業として不動産に関わる部署もあるため、宅建の資格は非常に重宝されています。小売業界というと、イオンやイトーヨーカドー、さらにはコンビニは店舗開発を行うため、開発部での仕事も宅建は役立ちます。