宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

宅地建物取引士の仕事内容

宅建通信講座メルマガ

宅建取引士(旧:取引主任者)といっても、働く業種によって仕事の内容は異なってきます。

不動産会社で働く場合

宅建取引士が不動産会社(宅建業者)で働くと、宅建取引士だけが行える3つの独占業務は重要な仕事内容になります。

1.重要事項の説明
2.重要事項説明書への記名・押印
3.契約書(37条書面)への記名・押印

ただし、実際の不動産会社で働いた場合、上記3つの独占業務だけでなく、事務員の方は、事務の仕事もしますし、営業の方は営業活動も行います。

重要事項とは、不動産の取引をするうえで買主や借主にとって重要なことです。
通常、不動産取引では高額な金銭や権利が動きます。
そのため、トラブルになることが多いわけです。
そのトラブルを避けるために、契約前に、その物件の重要な情報
(例えば、物件の所在地や大きさ、電気・ガス・水道などのインフラの整備状況)
買主や借主に重要事項として宅建取引士が説明するわけです。

そして、上記重要事項をまとめた書類が重要事項説明書です。
この重要事項説明書に記名・押印は宅建取引士でないとできません。

また、重要事項の説明を行ったあとに売主と買主(貸主と借主)が契約を締結するのですが、その時の契約書面(37条書面)に間違いがないか確認するために、宅建取引士は記名・押印します。

 

 流通業や小売業、飲食店で働く場合

流通業や小売業(イオンやイトーヨーカドー等)、飲食店(ガスト等)などの立地が重要な業種の場合、そこに務める取引士は土地や テナントを借りるための市場調査や、重要事項説明書や契約書の確認などを行います。
特に、大規模な土地や店舗を借りる場合、高額になるため、取引士としての仕事は非常に重要な仕事になります。

 

銀行で働く場合

担保設定のために、不動産の評価額を確認したり、重要事項説明書や契約書の内容の確認などを行います。
ただし、上記仕事だけを行うのではなく、通常、銀行員としての仕事を行いながら、上記の仕事も行うことになります。
銀行では「お金を貸す」と同時に不動産の担保設定を行うのが一般的です。
そのため、宅建取引士としての知識は持っていると、就職にも有利です。