宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

宅地建物取引士になれる人(受験資格)

宅建通信講座メルマガ

原則、誰でも受験できます。
中学生でも高齢者でも誰でも大丈夫です。
また、宅建業者で働いている方で、国土交通大臣から登録を受けた機関が実施する講習を受け、終了した者は試験科目の一部(5点分)を免除「登録講習」制度があります。
宅建業に従事している方はこの制度を利用すると非常に得です。

ただし、宅建取引士は宅地建物取引士資格試験(宅建試験)に合格するだけではなることができません。
宅建に合格した後に、「宅地建物取引士資格登録」という受験した都道府県知事の登録を行わないといけません。
この登録を受けることができるのは以下の2つどちらかを満たしてれば登録できます。

1.宅地建物の取引に関し、2年以上の実務経験を有する者
2.登録実務講習を修了した者(実務経験2年未満の者)

一般的に実務経験がない方は2の登録事務講習を受けて修了試験に合格すれば取引士の登録を受けられます。テストといっても講習を聞いていれば合格するので、ほとんどの方が合格します。