宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問7-3 保証

宅建通信講座メルマガ
【問題】
特定物売買における売主の保証人は、特に反対の意思表示がない限り、売主の債務不履行により契約が解除された場合には、原状回復義務である既払代金の返還義務についても保証する責任がある。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
特定物売買における売主の保証人は、特に反対の意思表示がない限り、売主の債務不履行により契約が解除された場合には、原状回復義務である既払代金の返還義務についても保証する責任がある。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

委託を受けた保証人が弁済期前に弁済した場合に、主たる債務者が債権者に対し、その債務消滅行為以前の相殺の原因を有していたときは、その反対債権は保証人に移転し、保証人が債権者に対して履行を請求することができます。

簡単にいえば、主たる債務者が持っていた反対債権が、保証人に移転して、保証人が債権者に履行請求できるということです。

具体例を出せば簡単なので個別指導で具体例を解説します!

理解をすれば、宅建レベルの内容はそれほど難しくないです!