宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問6-4 錯誤

宅建通信講座メルマガ
【問題】
Aは、自己所有の腕時計を100万円で外国人Bに売却する際、当日の正しい為替レート(1ドル100円)を重大な過失により1ドル125円で計算して「8,000ドルで売却する」と言ってしまい、Aの錯誤について過失なく知らなかったBが「8,000ドルなら買いたい」と言って、AB間に売買契約が成立した場合、AがBに対し、錯誤による取消しができる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
Aは、自己所有の腕時計を100万円で外国人Bに売却する際、当日の正しい為替レート(1ドル100円)を重大な過失により1ドル125円で計算して「8,000ドルで売却する」と言ってしまい、Aの錯誤について過失なく知らなかったBが「8,000ドルなら買いたい」と言って、AB間に売買契約が成立した場合、AがBに対し、錯誤による取消しができる。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

表意者Aが錯誤取消しするためには、原則して、「重過失がない」ことが要件です。

例外的に、重過失があっても取消しできるのは、「①相手方Bが悪意もしくは重過失の場合」「②相手方Bも同一錯誤に陥った場合」です。

本肢は、表意者Aは、勘違いをして「売却する」意思表示をしていますが、「表意者Aは重過失」あります。

一方、相手方Bは、Aの勘違いについて「善意無過失」です。

よって、例外①に当たりません。

なので、表意者Aは錯誤取消しができないです。

この問題は実は少しややこしい問題で、問題文の理解が難しい内容です。

上記解説は、その部分を省略していますが、重要な部分なので、個別指導で解説します。