宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問50-1 建物

宅建通信講座メルマガ
【問題】
建物の構成は、大きく基礎構造と上部構造からなっており、基礎構造は地業と基礎盤から構成されている。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
建物の構成は、大きく基礎構造と上部構造からなっており、基礎構造は地業と基礎盤から構成されている。

 

【解答】
〇 適当

【解説】

建築でいう上部構造とは、建物を支える基礎より上にある部分(地上部分)の構造(柱や梁、屋根等)をいいます。

一方、地中部の構造(基礎部分)を、下部構造といいます。

そして、基礎構造は「地業」と「基礎盤」から構成されています。

よって、適当です。

地業(じぎょう)とは、基礎を支えるための、基礎底より下に砕石、杭などを設けた部分のことを指します。