宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問47-2 景表法

宅建通信講座メルマガ
【問題】
新築住宅を販売するに当たり、当該物件から最寄駅まで実際に歩いたときの所要時間が15分であれば、物件から最寄駅までの道路距離にかかわらず、広告中に「最寄駅まで徒歩15分」と表示することができる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
新築住宅を販売するに当たり、当該物件から最寄駅まで実際に歩いたときの所要時間が15分であれば、物件から最寄駅までの道路距離にかかわらず、広告中に「最寄駅まで徒歩15分」と表示することができる。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

徒歩による所要時間は、道路距離80mにつき1分間を要するものとして算出した数値を表示しなければなりません。

そして、1分未満の端数が生じたときは1分として計算します。

本問は「実際に歩いた時の所要時間」が誤りです。

例えば、A駅から道路距離10mのところにあるマンションの場合、A駅まで徒歩1分となり、B駅から道路距離で100mのところにあるマンションの場合、B駅まで徒歩2分となります。

このように具体例をきちんと勉強していくことが重要です。

今回は特別に具体例を解説していますが、無料でお伝えできるものは限られています。

具体例を使いながら本格的に理解学習を実践したい方は個別指導をご活用ください!

個別指導を使わなくても理解学習ができればそれでOKです!実力は上がります!

一人でできる方は個別指導を実践していきましょう!