宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問44-3 重要事項説明書

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関して、
自らを委託者とする宅地又は建物に係る信託の受益権の売主となる場合、取引の相手方が宅地建物取引業者であっても、重要事項説明書を交付して説明をしなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関して、
自らを委託者とする宅地又は建物に係る信託の受益権の売主となる場合、取引の相手方が宅地建物取引業者であっても、重要事項説明書を交付して説明をしなければならない。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

宅建業者が売主となって信託の受益権の販売する場合、相手方が宅建業者であっても重要事項説明書を交付して説明をしなければなりません。

よって、正しいです。

詳細解説については、個別指導で解説します!