宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問43-1 免許の基準(欠格)

宅建通信講座メルマガ
【問題】
免許を受けようとするA社の取締役が刑法第204条(傷害)の罪により懲役1年執行猶予2年の刑に処せられた場合、刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予期間を満了し、その日から5年を経過しなければ、A社は免許を受けることができない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
免許を受けようとするA社の取締役が刑法第204条(傷害)の罪により懲役1年執行猶予2年の刑に処せられた場合、刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予期間を満了し、その日から5年を経過しなければ、A社は免許を受けることができない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

A社の取締役が、執行猶予付きの懲役刑に処せられ、執行猶予期間を満了した場合、当該取締役は欠格ではなくなります

よって、A社も欠格ではないので、5年を待たずに免許を受けることができます。

したがって、「5年を経過しなければ、A社は免許を受けることができない」は誤りです。

この問題は理解してほしいので、理解ポイントを個別指導で解説します!