宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問4-4 賃貸借

宅建通信講座メルマガ
【問題】
賃借人は、未払賃料債務がある場合、賃貸人に対し、敷金をその債務の弁済に充てるよう請求することができる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
賃借人は、未払賃料債務がある場合、賃貸人に対し、敷金をその債務の弁済に充てるよう請求することができる。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

賃借人が賃料を払っていない場合、賃借人から「敷金を預けているんだから、その敷金から賃料分を取って(相殺して)」と主張(請求)することは請求できません

よって、本肢は誤りです。