宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問4-3 賃貸借

宅建通信講座メルマガ
【問題】
賃借人から敷金の返還請求を受けた賃貸人は、賃貸物の返還を受けるまでは、これを拒むことができる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
賃借人から敷金の返還請求を受けた賃貸人は、賃貸物の返還を受けるまでは、これを拒むことができる。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

敷金の返還は、賃貸借契約が終了し、かつ、賃貸物の返還を受けたときです。

つまり、賃借人の賃借物の返還が「先」で、賃貸人は、賃貸物の返還を受けた「後」に敷金を返還すればよいです。

よって、賃貸人は賃貸物の返還を受けるまで敷金の返還を拒むことができます。

したがって、本肢は正しいです。