宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問39-3 従業者名簿

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者は、その事務所ごとに従業者名簿を備えなければならないが、退職した従業者に関する事項は、個人情報保護の観点から従業者名簿から消去しなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者は、その事務所ごとに従業者名簿を備えなければならないが、退職した従業者に関する事項は、個人情報保護の観点から従業者名簿から消去しなければならない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

宅建業者は、その事務所ごとに従業者名簿を備えなければなりません。この点は正しいです。

そして、退職した従業者に関する事項は、消去せず、「退職した年月日」を記載して保管しなければなりません。

よって、「個人情報保護の観点から従業者名簿から消去しなければならない」は誤りです。