宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問37-エ 37条書面

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地の売買契約を締結した。
Aは、買主が宅地建物取引業者であるときは、当該宅地の引渡しの時期及び移転登記の申請の時期を37条書面に記載しなくてもよい。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地の売買契約を締結した。
Aは、買主が宅地建物取引業者であるときは、当該宅地の引渡しの時期及び移転登記の申請の時期を37条書面に記載しなくてもよい。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

宅建業者は、契約当事者(買主業者)に37条書面を交付する義務があります。

そして、「引渡しの時期及び移転登記の申請の時期」は37条書面の記載事項なので、「37条書面に記載しなくてもよい」は誤りです。

この点については、覚え方があるので個別指導で覚え方を解説します!

できれば、楽に覚えましょう!