宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問37-ウ 37条書面

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地の売買契約を締結した。
Aは、買主が宅地建物取引業者であっても、37条書面を遅滞なく交付しなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地の売買契約を締結した。
Aは、買主が宅地建物取引業者であっても、37条書面を遅滞なく交付しなければならない。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

宅建業者は、契約当事者に37条書面を交付する義務があります。

そのため、買主が宅建業者であっても、売主業者Aは、買主業者に37条書面を遅滞なく交付しなければなりません

よって、正しいです。