宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問33-3 37条書面

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者Aが自ら売主として宅地建物取引業者である買主と建物の売買契約を締結した場合、37条書面に宅地建物取引士をして記名押印させる必要はない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者Aが自ら売主として宅地建物取引業者である買主と建物の売買契約を締結した場合、37条書面に宅地建物取引士をして記名押印させる必要はない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

37条書面には、宅建士の記名押印が必要です。

取引相手が宅建業者の場合であってもルールは同じです。

また、35条書面も同様、取引相手が宅建業者の場合であっても、35条書面には宅建士の記名押印が必要です。

取引相手が宅建業者の場合に省略できるのは、「宅建士による重要事項の説明」です。

この点は注意しましょう!