宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問31-3 重要事項説明

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関して、
建物の売買の媒介を行う場合、当該建物が既存の住宅であるときは、建物状況調査を実施しているかどうかを説明しなければならないが、実施している場合その結果の概要を説明する必要はない。なお、説明の相手方は宅地建物取引業者ではないものとする。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関して、
建物の売買の媒介を行う場合、当該建物が既存の住宅であるときは、建物状況調査を実施しているかどうかを説明しなければならないが、実施している場合その結果の概要を説明する必要はない。なお、説明の相手方は宅地建物取引業者ではないものとする。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

説明の相手方が宅建業者ではない場合、
建物の売買の場合、①建物が既存住宅(中古住宅)であるとき、建物状況調査の結果の概要を説明しなければなりません。

よって、本肢は誤りです。

また、建物の売買では、②建物状況調査に関する書類等が保存されているかどうかを伝えなければなりません。