宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問30-1 報酬計算

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者A及び宅地建物取引業者B(ともに消費税課税事業者)とする。
Aは売主から代理の依頼を、Bは買主から媒介の依頼を、それぞれ受けて、代金5,000万円の宅地の売買契約を成立させた場合、Aは売主から343万2,000円、Bは買主から171万6,000円、合計で514万8,000円の報酬を受けることができる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者A及び宅地建物取引業者B(ともに消費税課税事業者)とする。
Aは売主から代理の依頼を、Bは買主から媒介の依頼を、それぞれ受けて、代金5,000万円の宅地の売買契約を成立させた場合、Aは売主から343万2,000円、Bは買主から171万6,000円、合計で514万8,000円の報酬を受けることができる。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

———————
売主の代理業者A
買主の媒介業者B
代金5000万円
———————

■代理業者Aの報酬の上限

5000万円×3%+6万円=156万円

これが媒介業者が受領できる金額で、代理業者の場合、これを2倍して、312万円まで受領できます。

消費税10%分は別途受領できるため、
合計して343万2000円が報酬の上限です。①

■媒介業者Bの報酬の上限

上記解説の通り、

5000万円×3%+6万円=156万円

これに消費税を加えた171万6000円です。②

■AとBの報酬の合計額の上限

AとBの報酬の合計額の上限は、代理業者の報酬上限と同じなので
343万2000円が上限です。③

すると、本肢のように「Aは売主から343万2,000円、Bは買主から171万6,000円、合計で514万8,000円の報酬を受ける」とすると、③の要件に違反するため、本肢のように報酬を受領することはできません。

詳細解説は個別指導で解説します!