宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問29-エ 媒介契約

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者Aが、BからB所有の住宅の売却の媒介を依頼された場合について、
Aは、Bとの間で専属専任媒介契約を締結したときは、Bに対し、当該契約に係る業務の処理状況を1週間に1回以上報告しなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者Aが、BからB所有の住宅の売却の媒介を依頼された場合について、
Aは、Bとの間で専属専任媒介契約を締結したときは、Bに対し、当該契約に係る業務の処理状況を1週間に1回以上報告しなければならない。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

専属専任媒介契約」の場合、業務の処理状況を1週間に1回以上報告しなければなりません。

よって正しいです。

一方、

専任媒介契約」の場合、業務の処理状況を2週間に1回以上報告しなければなりません。

この点は併せて覚えておきましょう!

さらに、買主から購入の申込みがあった場合、遅滞なくその旨を依頼者Aに報告する義務があります。

これは、一般媒介・専任媒介・専属専任媒介すべて同じです。