宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問29-イ 媒介契約

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者Aが、BからB所有の住宅の売却の媒介を依頼された場合について、
Aは、Bとの間で媒介契約を締結したときは、当該契約が国土交通大臣が定める標準媒介契約約款に基づくものであるか否かの別を、法第34条の2第1項の規定に基づき交付すべき書面に記載しなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者Aが、BからB所有の住宅の売却の媒介を依頼された場合について、
Aは、Bとの間で媒介契約を締結したときは、当該契約が国土交通大臣が定める標準媒介契約約款に基づくものであるか否かの別を、法第34条の2第1項の規定に基づき交付すべき書面に記載しなければならない。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

媒介契約を締結したときは、媒介契約書(34条書面)を依頼者に交付しなければなりません。

そして、この媒介契約書には「当該契約が国土交通大臣が定める標準媒介契約約款に基づくものであるか否かの別」を記載しなければなりません

よって、正しいです。