宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問28-3 宅建士

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引士は、重要事項の説明をするときは説明の相手方からの請求の有無にかかわらず宅地建物取引士証を提示しなければならず、また、取引の関係者から請求があったときにも宅地建物取引士証を提示しなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引士は、重要事項の説明をするときは説明の相手方からの請求の有無にかかわらず宅地建物取引士証を提示しなければならず、また、取引の関係者から請求があったときにも宅地建物取引士証を提示しなければならない。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

宅建士証の提示が必要なのは、①重要事項説明をするとき(請求がなくても提示が必要)と②取引の関係者から請求があったときです。

本肢は①②の内容なので正しいです。