宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問27-ア 業務上の規制

宅建通信講座メルマガ
【問題】
建物の売却について代理を依頼されて広告を行う場合、取引態様として、代理であることを明示しなければならないが、その後、当該物件の購入の注文を受けたときは、広告を行った時点と取引態様に変更がない場合を除き、遅滞なく、その注文者に対し取引態様を明らかにしなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
建物の売却について代理を依頼されて広告を行う場合、取引態様として、代理であることを明示しなければならないが、その後、当該物件の購入の注文を受けたときは、広告を行った時点と取引態様に変更がない場合を除き、遅滞なく、その注文者に対し取引態様を明らかにしなければならない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

「取引態様の明示」とは、宅建業者が「売主、買主、代理、媒介」のいずれなのかを明示することです。

この取引態様の明示は、宅建業者が「①広告をする時」と「②注文を受けた時」に行う必要があります。

本肢は「広告を行った時点と取引態様に変更がない場合を除き、遅滞なく、その注文者に対し取引態様を明らかにしなければならない。」という記述が誤りです。

注文を受けた時は、例外なく、取引態様を明示しなければなりません

この問題は問題文の理解が重要なので、この点を個別指導で解説します!