宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問26-1 宅建業の免許

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者A社(甲県知事免許)が宅地建物取引業者ではないB社との合併により消滅した場合には、B社は、A社が消滅した日から30日以内にA社を合併した旨を甲県知事に届け出れば、A社が受けていた免許を承継することができる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者A社(甲県知事免許)が宅地建物取引業者ではないB社との合併により消滅した場合には、B社は、A社が消滅した日から30日以内にA社を合併した旨を甲県知事に届け出れば、A社が受けていた免許を承継することができる。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

吸収合併により宅建業者Aが消滅した場合、Aが消滅した時点でAの免許は失効します。

届出をしたとしても、B社が「A社の免許を承継する(引き継ぐ)」ことはできません

よって、誤りです。

今回の場合、A社の代表役員が、合併したした日から30日以内に届出が必要です!

関連ポイントは個別指導で解説します!