宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問25-3 不動産鑑定評価基準

宅建通信講座メルマガ
【問題】
特殊価格とは、一般的に市場性を有しない不動産について、その利用現況等を前提とした不動産の経済価値を適正に表示する価格をいい、例としては、文化財の指定を受けた建造物について、その保存等に主眼をおいた鑑定評価を行う場合において求められる価格があげられる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
特殊価格とは、一般的に市場性を有しない不動産について、その利用現況等を前提とした不動産の経済価値を適正に表示する価格をいい、例としては、文化財の指定を受けた建造物について、その保存等に主眼をおいた鑑定評価を行う場合において求められる価格があげられる。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

特殊価格とは、「文化財等の一般的に市場性を有しない不動産」について、その利用現況等を前提とした不動産の経済価値を適正に表示する価格をいいます。

例えば、文化財の指定を受けた建造物について、その保存等に主眼をおいた鑑定評価を行う場合において求められる価格が挙げられます。

関連ポイントは個別指導で解説します!