宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問25-2 不動産鑑定評価基準

宅建通信講座メルマガ
【問題】
対象建築物に関する工事が完了していない場合でも、当該工事の完了を前提として鑑定評価を行うことがある。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
対象建築物に関する工事が完了していない場合でも、当該工事の完了を前提として鑑定評価を行うことがある。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

鑑定の依頼目的によっては、「造成工事が終わっていない土地」や「建築工事が完了していない建物」を、「工事が完了した土地や建物」を前提として鑑定評価の評価とすることが可能です。

簡単に言えば、鑑定の依頼目的によっては、未完成物件を完成物件を前提として鑑定評価の評価とすることが可能ということです。

この場合の鑑定評価を「未竣工建物等鑑定評価」といいます。