宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問24-2 不動産取得税

宅建通信講座メルマガ
【問題】
一定の面積に満たない土地の取得に対しては、狭小な不動産の取得者に対する税負担の排除の観点から、不動産取得税を課することができない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
一定の面積に満たない土地の取得に対しては、狭小な不動産の取得者に対する税負担の排除の観点から、不動産取得税を課することができない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

不動産取得税における土地の免税点は、課税標準10万円です。

つまり、課税要準が10万円未満の土地について課税されません

つまり、面積の大小は関係ありません。

面積が小さくても、課税標準が10万円以上の土地であれば不動産取得税は課されます。