宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問23-1 印紙税

宅建通信講座メルマガ
【問題】
「建物の電気工事に係る請負代金は1,100万円(うち消費税額及び地方消費税額100万円)とする」旨を記載した工事請負契約書について、印紙税の課税標準となる当該契約書の記載金額は1,100万円である。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
「建物の電気工事に係る請負代金は1,100万円(うち消費税額及び地方消費税額100万円)とする」旨を記載した工事請負契約書について、印紙税の課税標準となる当該契約書の記載金額は1,100万円である。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

請負契約の場合、記載金額は「請負代金」です。

そして、消費税については請負代金に含みませんので、本肢の場合、1000万円が請負契約書の記載金額となります。