宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問18-3 建築基準法

宅建通信講座メルマガ
【問題】
建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には、老人ホームの共用の廊下又は階段の用に供する部分の床面積は、算入しないものとされている。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積には、老人ホームの共用の廊下又は階段の用に供する部分の床面積は、算入しないものとされている。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

容積率は「建物の延べ面積(=総床面積)」÷「敷地面積」で計算できます。

そして、「老人ホームの共用の廊下又は階段部分の床面積」は、容積率を計算する際の延べ面積に入れません(算入しない)

よって、本肢は正しいです。

どういったことを言っているのかは、個別指導で解説します!

基本的な内容なので、きちんと理解しておきましょう!