宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問17-4 非常用の昇降機

宅建通信講座メルマガ
【問題】
高さ30mの建築物には、非常用の昇降機を設けなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
高さ30mの建築物には、非常用の昇降機を設けなければならない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

非常用の昇降機(エレベーター)」は、原則として、高さ31mをこえる建築物に設置しなければなりません。

本肢は「30m」なので、「非常用の昇降機」の設置は不要です!

したがって、誤りです。

対比すべき部分として「避雷設備」があります。

避雷設備」は、原則として、高さ20mをこえる建築物に設置しなければなりません。

この2つは、簡単に覚えることができるので、簡単な覚え方は個別指導で解説します!